« 民主党の社会党吸収は大失敗! | トップページ | 教育と防衛 »

ムーミンパパと呼ばれた元官房長官

教科書や新聞やテレビなどからは見えてこない事実というものがあります。その点、ネットの発達は素晴らしい力を発揮してくれています。米国では主な新聞が軒並み赤字になってしまったそうですが、それはネットで情報が得られる時代になって、新聞を読む必要がない(というより、無料で幅広くニュースが読める)からです。米国でも日本でも偏向報道がまかり通っている現状では、ネットで複数の新聞を読んだ方が、より事実に近づけるというものです。

野党の陣営に、多くの反日的議員がいることは、まさにネットで詳しく知ることができます。また、自民党内にも似たような議員がいることも分かります。テレビの報道番組やワイドショーでも知り得ない情報がネットでは満載ですね。

ハニートラップとは、女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔するか、これを相手の弱みとして脅迫し機密情報を要求する諜報活動で、人的諜報(ヒューミント)の一種。またスキを見せた標的をその場で殺害する事もある。ただし必ずしも女性スパイが仕掛けるものとは限らず、東ドイツの『ロミオ諜報員』のように男性スパイによって対象女性を罠にかけることもある。つまりいわば「色仕掛け」による諜報活動といえるだろう(『ハニートラップ』を直訳すれば、『蜜の罠』となる。)。セクシャルエントラップメントと称されることもある。
最近の事案としては、2004年に在上海日本総領事館の電信官が遺書を遺して自殺した事件(詳細は上海総領事館員自殺事件参照)や、2006年の海上自衛隊の一等海曹が内部情報を持ち出したうえ中国に無断渡航していた事件(この自衛官も後に自殺する)が代表として挙げられる。 彼らは共通して、同一の上海の日本人向けカラオケ店に勤める中国人女性と親密な関係にあったとされるが、実は「その中国人女性店員こそが中共が送り込んだ女スパイで、日本総領事館員も海上自衛官もハニートラップに嵌められたのではないか?」という説が、一部週刊誌等で主張されている(また、2006年9月13日放送の『報道ステーション』でもこの旨の内容が報道されている)。一方で、そういった説と並んで、これらの女性は必ずしも「中共当局が送り込んだ」わけではなく、中国の警察による一斉摘発で捕えられた女性店員等が「どんな客が来て、どんな話をしたのか」という情報を中国警察や中国の諜報機関に提供することで投獄を免れることがままあるという情報もある(通常、摘発された者達は投獄されるにもかかわらず、該事件の中国側関係者の投獄例が極めて少なかったことが本説の傍証とされている)。
(ウィキペディアより)

中国女性工作員の罠に陥ち「ODA26億円」を拠出していた橋本龍太郎元総理も、国益を損ねた1人です。このことは、当時、大宅賞作家でフリージャーナリストの加藤昭氏が月刊誌「諸君!」(文藝春秋のオピニオン誌)上で書いてました。橋本総理(当時)は国会答弁で問題の中国人女性との交際を認めたうえで、この女性が単なる通訳である、と強調しましたが、単なる通訳と思い込んでいたばかりか、日本からの無償援助を引き出すための工作対象者として約10年間も工作を受け続けていたのです。しかも、この間、中国人女性工作員との間で肉体関係があったと中国側から証言されているのです。
さらに不思議なことに、この件を新聞やテレビが一切報道しない! これは、時の権力者に弱いということではなさそうです(現に朝日新聞などいつも自民党政権に超批判的です)。マスメディアは中国の共産党政府に弱いということです。評論家・故大宅壮一氏の大宅マスコミ塾の出身で、評論家・立花隆氏の取材チームにもいたこともある気鋭の国際ジャーナリスト加藤昭氏しか書けない。なお、橋本元総理は、韓国・中国に対して謝罪外交をくり返し、小林よしのり氏から「足下(あしもと)総理」と言われたこともありました。

武村 正義元官房長官(愛称ムーミンパパ)は、1994年2月、細川首相が訪米のさい、クリントン政権から更迭を求められたという経緯があったそうです。米国が武村氏の更迭を求めた理由は、彼を北朝鮮のスパイとみなしていたからです。

1985年6月11日、滋賀県知事時代、滋賀県知事団代表団団長として朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に訪朝し、金日成と単独会談をしたことがある。このときの表向きの目的は、毎日新聞社主催の「びわ湖毎日マラソン」に北朝鮮選手の派遣を要請するためだった。また、武村は「自分が尊敬する人物は金日成主席だ」と公言してはばからなかった。

1990年9月24日~9月28日に自民党および社会党の合同代表団「自民・社会両党訪朝団」、通称「金丸訪朝団」に参加した。当時の武村は自民党内の部会、アジア・アフリカ問題研究会および朝鮮問題小委員会事務局長だった。北朝鮮による日本人拉致問題を取り上げることはなく、後日、1988年に梶山静六による「(1978年の3組のアベック失踪事件(地村保志さんと濱本富貴惠さん、蓮池薫さんと奥土祐木子さん、市川修一さんと増元るみ子さん)は)北朝鮮による拉致の疑いが十分濃厚」との国会答弁について、武村は「梶山答弁は記憶にない」、「有本恵子さんの手紙も知らなかった」と語っている。繰り返すが、金丸訪朝団が訪朝した当時、武村はアジア・アフリカ問題研究会および朝鮮問題小委員会事務局長を務めており、北朝鮮の拉致疑惑の情報を把握していないはずがなかった。

朝鮮労働党中央委員会委員 対外連絡部長 最高人民会議代議士のリ・チャンソンという人物と一緒に写っている写真が存在する。対外連絡部とは、北朝鮮工作員が日本や韓国での工作活動を司る北朝鮮の工作機関であり、1994年10月11日および1994年10月13日の第131回国会予算委員会にて、その工作機関のトップと親しい関係にあることが国会で暴露された。武村は滋賀県知事時代に訪朝した際の写真だと主張した)。

同じ国会の場において、滋賀県のパチンコチェーン店、ミシガンのオーナーである金鐘喆(キム・ジョンチョル)という人物と親しい関係であることも暴露された。この金鐘喆と武村正義は父親の世代から家族ぐるみの付き合いがあり、大蔵大臣時代、武村の滋賀県大津市にある武村事務所とミシガン大津店が同じ建物内にあり、武村の父親とミシガン大津店の土地が隣接していた。そして、金鐘喆は韓国民団に所属する一方、朝鮮総連滋賀県本部執行委員を務めるなど、朝鮮総連の幹部という人物だった。

内閣官房長官、大蔵大臣時代、武村はアメリカから「北朝鮮のスパイ」と見られていた。特に官房長官時代は北朝鮮による核危機で国際的に緊迫していた時期だっただけに、アメリカから提供され日米で共有する機密情報の数々を密に知りうる官房長官という立場であることに、アメリカは神経を尖らせていた。
正論2002年7月号「細川首相退陣の引き金は『北朝鮮有事』だった」

一国の総理大臣や閣僚までがこの有様とは、いかに日本という国が無防備で外交音痴かが分かるというものです。先日の北朝鮮からの脱北船も、韓国へ行く予定だったが監視が厳しく日本に来たと・・・日本は厳しくないから入り易いということでしょうか。

海音寺潮五郎氏は、今から40数年以上も前(昭和30年代)に著書「悪人列伝 近世編/日野富子」のなかで、室町時代の道徳観念を批判してます。

「もし、此の時代に匹敵する時代を求めるなら現代がそれかもしれない。何せ学校の先生達が修身教育は旧道徳の押しつけであると拒否し、しかも新しい道徳は模索中で樹立されていないと称し、学校でも家庭でも放棄されて居るので或る...」

ネットの役割とは、マスメディアミを含めた様々な「権力」の監視なのかもしれません。政治家とマスメディアのレベルは国民のレベルを反映するものではないでしょうか。今までのマスメディアは国民から監視されない特権階級と化している気がしてなりません。国民が最も望んでいるのは「事実」であって、NHK朝日系のように自分達の都合のよいことしか言わないマスメディアなんて不要です。TBSも、米議員の靖国発言を「誤訳」したり、石原都知事の発言に逆の意味のるびをふったり、731部隊のニュースに安倍首相の顔写真をかぶせたり…。問題が多いですね。客観的ではなく、思想や感情的になっており、視聴者がそれを信じてしまうのは恐ろしいと思います。皇室の報道にしても、日本の皇室は権威は高いのですが、選挙権も無いほど権力のない存在なのですから、国内で一番金持ちのイギリス王室と一緒にするのはおかしいですね。

|

« 民主党の社会党吸収は大失敗! | トップページ | 教育と防衛 »

中国」カテゴリの記事

報道」カテゴリの記事

米国」カテゴリの記事

コメント

ウ・ウ・ウーン・・・・ちっとも知らなかったことばかり。でも、本能的に北朝鮮に、6カ国みんながなめられていることは、ヒットラーがチェンバレンにしてやられたようなケースと同じだと思います。あの国はまともに、約束を守る気はありませんよ。

投稿: 山口ももり | 2007年7月 6日 (金) 19時30分

オ・オ・オ・・・なんと言う間違い。ヒットラーになめられたチェンバレンでした。

投稿: 山口ももり | 2007年7月 6日 (金) 19時32分

こんにちは
ムーミンパパこと武村・・こいつ等が旗揚げした時は
応援しました。新しい風が吹くのではと思いました。
しかし、実態は全員腰砕け議員ばかり、竹村の息子が
覚醒剤でつかまった時、滋賀知事選など一連の行動を
見るとバターナリズムの象徴・・・子供の面倒は母親に
任せ、ハニートラップ(誘惑)も弱い。・・・女性の
尊厳や個性を大切にするどころか女性観がおかしい。
橋本竜太郎も似たようなもの・・この人たちは女性と
恋をしたり傷ついたりしたことがない人たちと思います。こう言う人たちがいなくなった時、バランスの取れた政治家・リアルポリティックスが実行できるような
気がします。
しかし、バターナリズム化されている人たちが多く、
報道も国民も若ければ良い的社会。まだまだ日本は
甘い。安倍さんも思い切って閣僚の半分とは言いませんが、せめて三分の二くらいは女性の政治化を登用するくらいのことをしないと・・・参議院前に内閣改造し、多くの女性議員を登用したら自民党が楽勝なのに。
安倍さんは真面目すぎて周りが見えない。
この人もまだまだバターナリズムの影響が・・。
女性は30代過ぎてから魅力が増していく、50代60代の女性の美しさを表現できない政治家は、リーダは入らないと思います。10代の女の子はともかく、20代の女性はまだ”ガキ”ともっと叱らないといけません。
知性など真実を見抜けない人たちがハニートラップに引っ掛るのです。しかし、40代以降のハニートラップには引っ掛るかもしれないプータロです。
話しがそれてしまいました。

投稿: kju96 | 2007年7月 7日 (土) 12時12分

ももりさん、コメントありがとうございます。
ヨーロッパの平和を救いたいという願望から、20日間にも満たない間に3度も、大英帝国の首相チェンバレンがドイツの独裁者のもとへ赴きましたね。チェコスロヴァキアの領土問題が議されようとしていたのに、肝心のこの国の代表が会議に出席をみとめられなかったミュンヘン会議・・・。

北の将軍さまは、体制を維持するためなら人民が飢えに苦しもうが、収容所で虐待されようがお構いなし。そんなことがいつまで続けられるとは思えません。

投稿: ミーシャ | 2007年7月 7日 (土) 17時43分

kju96さん、出発の日にコメントありがとうございます!!!
私も、ムーミンパパが旗揚げした時は応援しました(苦笑) 人は見かけによりませんね。米国に、北朝鮮のスパイとみなされていたなんて。思えば、細川政権や村山政権のときは最悪でしたね。いえ、中韓は喜んだことでしょう。昨日、2007年度版の防衛白書が発表になりましたね。さっそく、韓国政府は5日、日本政府が2007年度『防衛白書』で竹島を日本の固有の領土だと称したことに強く抗議しました。「遺憾の意を示し、同時に日本政府に対して、これをただちに修正するよう要求する」って・・・
(>_<)

投稿: ミーシャ | 2007年7月 7日 (土) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党の社会党吸収は大失敗! | トップページ | 教育と防衛 »