« 東京都民の100人に1人は中国人! | トップページ | 河野洋平衆院議長の非礼なふるまい »

パール判事の言葉

首相「パール判事の話楽しみ」
2007/08/14

 安倍晋三首相は14日夕、21日からのインド訪問中に極東国際軍事裁判(東京裁判)で判事を務めた故パール氏の長男と会談することについて、「パール判事は日本とゆかりのある方だ。お父さまの話をうかがえることを楽しみにしている」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 パール判事は、戦勝国が敗戦国の指導者を裁くことに疑問を提起、判事の中で唯一被告人全員の無罪を主張した。パール判事の長男との会談がアジア諸国などの反発を招くのではないかとの指摘には、「そんなことにはならないと思う」と否定した。

昨日は終戦記念日。
安倍首相は、来週東南アジアへ行きますが、インドでは故パール氏のご長男に会われるとのこと。こういった形で、パール氏が話題になることは良いことです。森さんも、小泉さんもインドへ行かれましたが、パール氏の事は一切報道されませんでした。ご子息との会談があれば、報道せざるを得ません。

NHKスペシャル「パール判事は何を問いかけたのか~東京裁判 知られざる攻防~」や「憲法」も見ました。両方ともNHKにしては今までより、ややニュートラルなスタンスだったような気がします。以前、ゲストのSUKIPIOさんが下記のようなコメントを入れて下さったことがあります。

戦後、パール博士は胆石が持病であり、主治医からも、「命にかかわる」と訪日を止められていたのだが、博士は「人生のたそがれどきに、ぜひもう一目だけ、日本を見たい」との強い願いから、無理を承知で我が国の土を踏んだ。
1966年10月3日午後4時40分、細いからだを両脇から支えられた博士は、合掌したまま中央通路を進み、下手から演台に上った。
聴衆が固唾をのみ見守る中、静かな緊張が走った。だが博士は合掌をして深い黙礼を送るだけで、前かがみの姿がかすかに震えている。沈黙の中、苦痛のせいなのか、長身を不器用に折り曲げた黒い影がゆれている。
聴衆は気付いた。強い感動が博士の心をとらえ、そのからだを震わせているのだということを。場内にすすり泣く声が会場に広がり、そんな時間が流れ、やがて「無言の講演」は終わった。
中央通路を通り出口に向かう博士を、観衆は立ち上がって拍手を送った。そして、その殆どは合掌して博士を車まで見送った。無言が人々の心に雄弁に語りかけた数分間であった。
帰りの車中、博士はもらしたという。「胸がいっぱいで、口を開くことができなかった。」ホテルに戻りベッドの上に端座すると、博士はまた長い合掌を続けた。最後の訪日、80歳の出来事であった。
(以上、パール博士の人柄を見る事からも、他の資料より抜粋させて頂きました)

日本が敗戦で呆然自失し、思想的にも文化的にも日本人のアイデンティティーを失っていた時代に、パール判事は日本人に勇気と希望を与えてくれました。 日本とインドは、アジアにおける二大民主主義国家ですね。中国の温首相の訪日の際の演説は記憶に新しいものですが、昨年12月14日に公賓として来日中だったインドのマンモハン・シン首相の演説はどのテレビでも報道されませんでした。中国共産党への配慮でしょうか?シン首相の演説→こちらに

東京裁判の判事で唯一の国際法学者インドのパール判事は、日本が国際法に照らして無罪であることを終始主張し続けました。日本が正しかったと言っているわけではありません。勝者の連合国も、敗者の日本も、同罪だと言う判断で、戦勝国が敗戦国の指導者を裁くことに疑問を提起、判事の中で唯一被告人全員の無罪を主張しました。

パール博士来日講演記録

「わたしは1928年から45年までの18年間(東京裁判の審議期間)の歴史を2年8カ月かかって調べた。各方面の貴重な資料を集めて研究した。この中にはおそらく日本人の知らなかった問題もある。それをわたくしは判決文の中に綴った。 このわたくしの歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であることがわかるはずだ。しかるに日本の多くの知識人は、ほとんどそれを読んでいない。 そして自分らの子弟に『日本は国際犯罪を犯したのだ』『日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ』と教えている。満州事変から大東亜戦争勃発にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。日本の子弟が歪められた罪悪感を背負って卑屈・退廃に
されてゆくのを、私は見過ごして平然たるわけにはゆかない。彼らの戦時宣伝の欺瞞を払拭せよ。誤られた歴史は書き換えられねばならない。」

原爆の広島 http://www6.plala.or.jp/mwmw/kotoba.html

パール博士は、広島の爆心地本川小学校講堂で開かれた世界連邦アジア会議にゲストとして参加された。この会議は独立したばかりの新興アジア諸国の指導者を交えた14カ国、45名の代表と千余名の世連主義者によって構成された。壇上には連邦旗を中心に左右に「人類共栄」「戦争絶滅」のスローガンをかかげ、馬蹄形の議事場には14カ国の代表と正面に下中大会委員長、特別来賓のパール博士と英国のボイド・オア卿(ノーベル平和賞受賞者)が着席した。 博士は45分間にわたる特別講演をおこなった。この講演は、アジア会議の性格を規定する重大な意義をもつものとして注目された。 「人種問題、民族問題が未解決である間は、世界連邦は空念仏である。」と前提して博士はこう述べられた。  「広島、長崎に投下された原爆の口実は何であったか。日本は投下される何の理由があったか。当時すでに日本はソ連を通じて降伏の意思表示していたではないか。それにもかかわらず、この残虐な爆弾を《実験》として広島に投下した。同じ白人同士のドイツにではなくて日本にである。そこに人種的偏見はなかったか。しかもこの惨劇については、いまだ彼らの口から懺悔の言葉を聞いていない。彼らの手はまだ清められていない。こんな状態でどうして彼らと平和を語ることができるか。」  白人代表を目の前にしての痛烈な民族・人種問題についてのこの講演は、会議の性格を一変したといっていい。 この博士の講演に引き続き無残にも悪魔のツメアトも生々しい4名の原爆乙女が壇上に立った。ケロイドで引きつった顔に黒眼鏡をかけた佐古美智子さん(当時20才)が、 「わたしたちは、過去7年の間原爆症のために苦しんできましたが、おそらくこの十字架はなほ長く続くと思われます。しかし、わたしたちは誰をも恨み、憎んではいません。ただ、わたしたちの率直な願いは、再びこんな悲劇が世界の何処にも起こらないようにということです・・・。」と、涙にふるえながらメッセージを読みあげれば、会場は感動のルツボと化し、嵐のような拍手が鳴りやまなかった。感極まった比島代表のアンヘルス氏が原爆犠牲者に一分の黙祷を提案した。一同起立して、黙祷を捧げた。米代表のマックローリン夫人が「わたしはアメリカ人としてこの原爆に責任を感じています。この悲劇がふたたび起こらないよう生涯を通して原爆阻止運動に献身します。」と誓いの言葉を述べた。そして乙女たちの一人一人を抱いて頬に感激のキスをおくった。博士によればこれこそアメリカ人にして《原爆の懺悔》をした最初の人であった。

|

« 東京都民の100人に1人は中国人! | トップページ | 河野洋平衆院議長の非礼なふるまい »

インド」カテゴリの記事

歴史問題」カテゴリの記事

コメント

大変興味深く拝読しました。私は山崎豊子氏の何冊かの本くらいしか知りませんでしたが、ネールの「父が子に語る世界史」という本には、ヨーロロッパよりも、遥かに古くアジアには、素晴らしい文明があった、ということが書かれていて、それを読んだ時、目からウロコという感じを持ったことを思い出しました。インドのパール博士も読まれたでしょう。真実、ヨーロッパのやってきたことこそは、異民族搾取の何ものでもない・・・そして、アメリカは・・・アメリカの繁栄は、もう、そろそろ・・・???時代は変わりそうな気がします。

投稿: 山口ももり | 2007年8月17日 (金) 17時27分

こんにちは
「パール判事の日本無罪論」田中正明著
何度も読みました。 
時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また理性が虚偽からその板面を剥ぎ取った暁にはの時こそ正義の女神は、その秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くにそのところを変えるこを要求するであろう。
            (パール判事判決文より)
東京裁判の検証・・日本人は勿論ですが、国会議員など
議員の条件にしたら良いと思います。
不遇な判決に上告するのは、当たり前です。
中国や対戦国に配慮など論外、日本国の、国際社会の問題です。
長くなりそうなので・・・。
(何時か詳細化したいですね)
フランスのベルナール判事は、「この裁判は法の適用および手続においても誤りがある」と裁判の不当性を指摘し、「十一人の判事が一堂に集まって協議したことは一度もない」と内部告発の声さえあげていますよね。

個人的には、母親の叔父は戦犯、母の父・おじいちゃんは中国で民事裁判に掛けられ、23年に帰国しましたが、
厳しい裁判で、体はボロボロ、それが原因で25年に他界しました。

         

投稿: kju96 | 2007年8月18日 (土) 01時32分

パール博士の最後の来日は、清瀬一郎氏と岸信介氏の招きに応じたものだったので、安倍首相にとっては特別の思い入れがあるんでしょうね。

パール判事の日本無罪論の最後に「東洋の政治的復活」という章があります。
朝日新聞記者がパール博士の宿舎・京都国際ホテルを訪ねた際「日本の皆さんに」というメッセージを託され、抄訳して昭和四十一年十月十一日夕刊に所載したものですが、「日本の皆さんに」「日本の青年に」「日本の若い女性に」と夫々に訴えたメッセージです。
その中で「日本の若い女性に」のメッセージが現在のマスコミを揶揄し、マスコミに流される現代日本人を40年前から見抜いていたような気がしてなりません。
以下、引用。

【新しい環境に順応するには、社会は新しい生命力を必要とします。
そのために社会が最も期待をかけるのは、若い人たちの中でも女性、つまりあなた方です。
現在のあなた方は、知的にも道徳的にも最も感受性に富み、最も受容力の大きい時期にあります。
学校教育から、本物とにせ物を見分ける能力、お国の将来を形成していく力についての知識を得てください。
特に、宣伝にまどわされない判断力を得てください。
わざわざこういうのは、宣伝が大衆を支配するために案出された実に警戒すべき手段だからです。
ほとんどの大国が宣伝省を持ち、有能な人を宣伝大臣に任命していることでも、その強力さがわかります。
宣伝の恐ろしさは、たえず感情に働きかけ、知らず知らずのうちに、自分の本性と矛盾することを信じ込まされる点にあります。以下略】

これを所載したのが朝日新聞という所が、突っ込みどころ(爆)ですが、パール博士の洞察力の鋭さを感じました。今の日本人に最も必要なメッセージだと思います。

投稿: まめきち | 2007年8月19日 (日) 21時52分

ももりさん、コメントありがとうございます。

>「父が子に語る世界史」
アジアの文明もさることながら、英国の存在がインドにとって何を意味したか、資本主義が帝国主義化していくメカニズムなど、私も大変興味深く読みました。山崎豊子の作品では「不毛地帯」が一番好きです。瀬島龍三さんがモデルと言われてますね。シベリア抑留の部分も読み応えがありました。私は、何と言っても白人列強の有色人種への横暴が一番の悪行だと思っています。植民地での搾取や奴隷のような扱い、有色人種への人権なんて認めていませんでしたね。
中国の米国債保有高は日本に次ぐ世界第2位の額となっています。米国のサブプライム破綻から信用不安が世界に広がっていますが、その原因は中国の米国債売りにあるのかもしれません。米中経済摩擦・・・米議会では中国を狙い撃ちにした貿易制裁法案が目白押しですね。中国製品があまりにも安全性が低いからですが。でも、中国は日本と違って仕返しをします。日本人はいかなるアメリカ人の侮辱にも耐えてきましたが、中華思想はそんなことはないのですね。中国はソ連とも米国とも一枚岩になる程には仲良くできないようになっている? 米国経済は、明らかに状況は悪化し続けているそうです。

投稿: ミーシャ | 2007年8月21日 (火) 01時25分

kju96さん、コメントありがとうございます。

パール判事は、「東京裁判の影響は原子爆弾の被害よりも甚大だ」と表明しましたね。偉大な学者です。日本国内では、1952年に衆議院本会議で「戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議」が少数の労農党を除く多数会派によって可決され、翌年、極東軍事裁判で戦犯として処刑された人々は「公務死」と認定されました。ですから、日本人は、戦犯という言葉を使ってはいけないのではないでしょうか。敗戦の痛手から、日本は東京裁判を受け入れるしかなく、またサンフランシスコ条約で国際舞台に復帰しましたので、今になって当事国に向かって東京裁判の事をとやかく言うのは、条約違反になってしまうのでしょうね。ただ、理不尽な裁判であったことは語っていきたいものです。
当時、お身内の方に戦犯にされた方や、裁判にかけられた方がいらっしゃるとのこと、より無念を晴らしたいことと思います。今月、また「貝になりたい」がドラマ化されますね。リメイク版3作目でしょうか。

投稿: ミーシャ | 2007年8月21日 (火) 01時46分

まめきちさん、コメントありがとうございます。
朝日新聞ですか!(苦笑)
まさに、今の日本が見えていたようなメッセージですね。「学校教育から、本物とにせ物を見分ける能力、お国の将来を形成していく力についての知識を得てください。」とか、「宣伝にまどわされない判断力を得てください」など、驚いてしまいます。日本の政界にもパール判事のような偉大な人が現れないものでしょうか。
今、安倍首相は東南アジアに行かれてますが、外交成果が大きいものでありますように・・・。

投稿: ミーシャ | 2007年8月21日 (火) 01時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都民の100人に1人は中国人! | トップページ | 河野洋平衆院議長の非礼なふるまい »