« 「首相は続けてほしい―40%」 | トップページ | 「民主党は勝利に耐えられるか」 »

政治の空白を招く民主党

安倍総理を引き摺り下ろそうとしている勢力は、野党・マスコミだけでなく、官僚も同様の抵抗勢力です。朝日新聞を代表するような「安倍下ろし」は、実際に党派を越えて誰が総理大臣になっても、とどまることのない「あらさがし」ですから、自分たちのイデオロギーに合った、あるいは自分たちの既得権が守られるような党派でなければ、そのキャンペーンは止まない。小沢代表をはじめ、民主党内にも叩けば埃の出る議員は沢山います。自民党以上に批判されなければならない民主党議員がいます。では、民主党が政権をとったら、それら現在頑張っている抵抗勢力は同様のキャンペーンを行うかといえば、不問に付すことでしょう。主導権をコントロールするこの抵抗勢力が頑張っている限り、この構図を多くの国民が気づかない限り、日本は政治の空白を招くばかりです。

【正論】政治評論家・屋山太郎 自民惨敗を演出した「国民の真意」より
産経新聞 2007/07/31

政治とカネは重要問題には違いないが、小沢一郎氏にそれを語る資格があるのか。小沢氏は政治資金で個人名義の10億円余の不動産を買ったが、そのさい贈与税は払ったのか。また自由党時代の25億円の政党助成金の使途について必要な領収書は示されていない。赤城徳彦農水相の領収書二重添付やその言動は政治家失格だが、それを嗤(わら)って巨悪が不問にされていいのか。

中国・北朝鮮・韓国が歓迎する加藤紘一や山崎拓なら、抵抗勢力は何も文句はないのでしょうかね。谷垣 禎一でも良いのでしょう。過去に事務所費問題を起こした議員や中国で女性スキャンダルを起こした議員でも、抵抗勢力としては一向にかまわないというわけです。
中国は、沖縄までも領土であると主張する国です。日本がすり寄っていったら日本本土まで領土であると言いかねません。いろいろな要求をしてくることでしょう。

●日米と日中を等間隔にするという民主党
民主党のマニフェストには「わが国外交の基盤として、相互信頼に基づいた、強固で対等な日米関係を構築します。」とあり、テロ対策特別措置法の延長に反対をしています。しかし、アフガン沖は日本のタンカーが往来し、エネルギー供給の生命線ですよ! この給油活動はシーレーン防衛上、日本にとって必要なことです。石油が入ってこなくなったら、どうするのでしょう。だから、民主党の政策は現実的ではないと言われても仕方がない。また、その活動は欧州諸国への給油活動も含まれていて、欧州諸国からも高い評価を得ています。シーファー駐日米大使の面会にも応じない小沢代表・・・「米国とは、対等に、言うべきことは言う。」と発言していた小沢氏、面会しなくては言うべきことも言えないのではないか(苦笑) 最悪の事態になった場合、これでも安倍内閣の責任になるの?

●民主党内の旧社会党・日教組の存在
教員免許に有効期間を設けることに、最後まで反対したのが民主党。

民主党の現職国会議員には、日教組出身の人が少なからずいます。民主党は、公務員の労働組合に支えられています。平日の昼間から授業と生徒を置き去りにして、デモや集会に明け暮れる日教組も、民主党の支持母体です。だから、民主党は、教員の身分保障、終身雇用を危うくする「教員免許への有効期間の導入」には、絶対反対なのでした。
教育よりも、政治活動に熱心な日教組。教員個人の思想・信条の自由は保障されてしかるべきですが、教育にそれを持ち込んだり、政治活動を優先させたりというのは本末転倒です。その支援を受ける民主党に、教育改革はできません。民主党はマニフェストで公立高校を無償化するというのですから、日教組が大喜びの政策でしょう。

民主党参院議員のトップは、自虐史観と空想的平和主義を子供たちに押しつける日教組の親玉 輿石東氏(日教組の政治団体の会長)です。26年間の小学校教諭から山梨県教職員組合執行委員長、山梨県労働組合総連合会議長を経て、1990年に衆議院議員総選挙(旧山梨全県区・日本社会党公認)で初当選。

●公務員制度改革に対する官僚たちの抵抗
マスコミが「天下り合法化法案」等と矮小化した国家公務員法の改正。
天下りの現状は、年間1142名にも及びます。官僚の退職年齢の平均は、55.88歳です。過去の政権が何度も挑み阻まれたこの法案を、安倍政権は発足当時から官邸機能強化という官僚との対決姿勢で取り組み、改正しました。これはすごいことです。しかし、国家官僚らは組織的に抵抗しました。安倍政権で閣僚スキャンダルが続出したのは、国家機関が身体検査に手抜きをしたか、身体検査をしなかったとしか思えません。マスコミも、閣僚就任時には身体検査が行われるはずだと言ってましたね。検察や警察や公安など身体検査をしたのでしょうか? 高級官僚とは、官僚の権益を守るためには何でも狡猾に利用するものらしい。 官僚はマスコミまで操作している模様。マスコミへのリークはなかったのでしょうか? 格差問題から外交まで、全ての問題の失敗に官僚が関与していないものはありませんが、官僚が説明責任を果たしたことはないですね。

大阪府で起きた裏金問題、架空出張等の不正会計処理問題を引起したのも大阪自治労関係者でした。今回の選挙でもが自治労出身の民主党議員がトップ当選したりして、あれだけ騒いだ年金問題、何だったのかと思ってしまう。

【正論】政治評論家・屋山太郎 自民惨敗を演出した「国民の真意」より
産経新聞 2007/07/31

松岡前農水相の絡んだ「緑資源機構」は天下り官僚の巣窟(そうくつ)のような存在だった。社保庁も天下りポストの一つに過ぎなかったからこそ、無責任体制がはびこったのである。衆院調査局の調査によると、4600法人に2万8000人が天下っており、そこに流れる資金は5兆9000億円にのぼるという。これはまさに官僚が産業界をも支配するの図である。特殊法人、公益法人、独立行政法人はいずれも法律上の根拠をもって設立されている。これは官僚が立法府をも操っている証拠だ。

社会保険庁の内部が怠業、ねこばばし放題という腐った職場になった責任の大半は自治労、つまりその組合を母体とした民主党の責任にも帰せられる。

|

« 「首相は続けてほしい―40%」 | トップページ | 「民主党は勝利に耐えられるか」 »

政治」カテゴリの記事

コメント

屋山太郎さんの評論は活字になっても威勢が良いですね。
TVタックルやチャンネル桜で実際に聞く、屋山さんの「べらんめぇ~口調」が大好き♪
政治家を一刀両断できる政治評論家は屋山さんぐらいじゃないでしょうか?
屋山さんを出演させ、自由に喋らせる報道番組があれば、民主が馬鹿勝ちすることなど無かったはずなのに、そんな愛国心のあるメディアは皆無でしょうね。

小沢党首は「テロ対策特別措置法」の延長を反対していますが、前原元党首は延長するべきだと言っていますね。
右派・左派寄せ集めの党だけに意見調整は難しそうです。
創価・池田大作と小沢党首の密談疑惑もありますが、巨悪・池田と小悪党・小沢の今後の成り行きによっては民主党の内紛も有りえますね。

それにしても今回の選挙で民主党を支持した国民は、この付けがどういう形で回ってくるのかを理解していない方々が多いようです。
この付けを払わされるのは、安倍自民を支持した私たちも同様に払わなければならないのが悔しいですね。

投稿: まめきち | 2007年8月 5日 (日) 13時18分

こんばんわ
小沢代表の「テロ対策特別措置法」延長反対に、民主党の若手前原議員が異論を唱えました。
一枚岩でない民主党を露見した形になりましたが、選挙のための小沢戦略には、若手はついて行かないでしょう。参議院議長はじめ、民主党の人事も年功序列、自民党と変わらない。今回の選挙で自民党の方が改革人事をするのでは・・・期待しております。
小沢と前原の対決を楽しみにしましょう。

投稿: kju96 | 2007年8月 6日 (月) 21時41分

まめきちさん、コメントありがとうございます。
レスが遅くなってしまい、ごめんなさい。父が入院してりしてバタバタしてました。

屋山さんは、私も大好きです!
you tubeに彼が出演している動画がありますね。瀬島龍三さんの動画です。
http://www.youtube.com/results?search_query=%E7%80%AC%E5%B3%B6%E9%BE%8D%E4%B8%89

小沢代表が反対している「テロ対策特別措置法」、成り行きが見ものです。米国と対等に付き合うというのは現実的なんでしょうか? 連日ニュースになっていますね。これは参院選で第一党になった民主党の試金石とも言うべき事案です。慰安婦問題が米国下院で決議されましたので、ここで米国の思い通りにならない日本というのも面白くはありますが・・・。
小泉元首相の言葉を借りれば、民主党が勝利に耐えられるか?ってとこですね。民主党は自民以上に一枚岩ではありませんからね。

投稿: ミーシャ | 2007年8月 9日 (木) 00時40分

kju96さん、コメントありがとうございます。
小沢VS前原、楽しみですね。ただ、前原氏は残念ながら、安全保障問題と労組への距離感では保守的に見えますが、それ以外の歴史認識や社会問題に対する考え方では菅直人氏と似通っていて決して保守ではないようです。とはいえ、旧社会党系グループべったりで55年体制的手法の小沢氏よりはずっと好ましいです。でも、民主党の若手は自民党の保守派とかなり同じような政策を打ち出したりしてました。憲法問題ではっきり分かれたら良いのに(笑) 小沢氏でいったら党内はまとまらず、衆院選では負けると思います。
自民党の谷垣氏は、もう反安倍色を出して頑張っちゃってますね。党を出てやってほしいです。舛添氏も「バカ」を連発して安倍批判。批判の域を越え、誹謗・中傷ですね。学者としての品格もなくタレント議員みたいです。かりにも安倍首相は自民党員が選出した総裁です。批判は大いにしてもけっこうですが、選出した側が自らの反省無しに交代を求めるって、どうなっちゃってるのでしょう?

投稿: ミーシャ | 2007年8月 9日 (木) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「首相は続けてほしい―40%」 | トップページ | 「民主党は勝利に耐えられるか」 »