« 再び中国が日本を潰す発言 | トップページ | 日本の役割 »

朝日新聞が戦前の日本を擁護!

米大統領、戦前日本とアルカイダ同列視 歴史観に批判
朝日新聞  2007年08月24日

ブッシュ米大統領が22日に中西部ミズーリ州カンザスシティーで行った演説は、自らのイラク政策を正当化するため、日本の戦後民主主義の成功体験を絶賛、フル活用する内容だったが、半面で戦前の日本を国際テロ組織アルカイダになぞらえ、粗雑な歴史観を露呈した。米軍撤退論が勢いを増す中でブッシュ氏の苦境を示すものでもある。

 冒頭は9・11テロかと思わせて、実は日本の真珠湾攻撃の話をする、という仕掛けだ。戦前の日本をアルカイダと同列に置き、米国の勝利があって初めて日本が民主化した、という構成をとっている。大正デモクラシーを経て普通選挙が実施されていた史実は完全に無視され、戦前の日本は民主主義ではなかった、という前提。「日本人自身も民主化するとは思っていなかった」とまで語った。

 退役軍人の会合とあって、朝鮮戦争やベトナム戦争の意義にも言及。すべて一緒くたにして「アジアでの勝利」は中東でも出来る、と訴えた。だが、米メディアは「日本や韓国は国民が同質的であり、イラクとは違う」「歴史から間違った教訓を引き出している」などと批判を伝えている。

 民主党のヒラリー・クリントン上院議員は同日、イラクのマリキ首相の罷免を要求。9月にはイラク駐留米軍のペトレイアス司令官の議会への報告があるが、抜本的な進展は見込まれておらず、かえって一層の批判が予想されている。

 だが、ブッシュ氏が政策転換に踏み切る兆しはない。最近は、第2次大戦末期に登場しながら不人気に終わったトルーマン大統領に「魅力を感じている」(関係者)という。共産主義と戦う姿勢が後世、一定の評価を得たためとみられる。

 テロとの戦いにかけるブッシュ氏だが、今回の演説は日本を含めた諸外国の歴史や文化への無理解をさらした。都合の悪い事実を捨象し、米国の「理想」と「善意」を内向きにアピールするものとなっている。

     ◇

■米大統領演説の日本関連部分(要旨)

 ある晴れた朝、何千人もの米国人が奇襲で殺され、世界規模の戦争へと駆り立てられた。その敵は自由を嫌い、米国や西欧諸国への怒りを心に抱き、大量殺人を生み出す自爆攻撃に走った。

 アルカイダや9・11テロではない。パールハーバーを攻撃した1940年代の大日本帝国の軍隊の話だ。最終的に米国は勝者となった。極東の戦争とテロとの戦いには多くの差異があるが、核心にはイデオロギーをめぐる争いがある。

 日本の軍国主義者、朝鮮やベトナムの共産主義者は、人類のあり方への無慈悲な考えに突き動かされていた。イデオロギーを他者に強いるのを防ごうと立ちはだかった米国民を殺害した。

 第2次大戦に着手した時、極東の民主主義国は二つしかなかった。オーストラリアとニュージーランドだ。日本の文化は民主主義とは両立しないと言われた。日本人自身も民主化するとは思っていなかった。

 結局、日本の女性は参政権を得た。日本の防衛大臣は女性だ。先月の参院選では女性の当選が過去最高になった。

 国家宗教の神道が狂信的すぎ、天皇に根ざしていることから、民主化は成功しないという批判があった。だが、日本は宗教、文化的伝統を保ちつつ、世界最高の自由社会の一つとなった。日本は米国の敵から、最も強力な同盟国に変わった。

 我々は中東でも同じことができる。イラクで我々と戦う暴力的なイスラム過激派は、ナチスや大日本帝国や旧ソ連と同じように彼らの大義を確信している。彼らは同じ運命をたどることになる。

民主主義の兵器庫にある最強の武器は、創造主によって人間の心に書き込まれた自由を求める欲求だ。我々の理想に忠実であり続ける限り、我々はイラクとアフガニスタンの過激主義者を打ち負かすだろう。


ビックリしたことに、あの朝日新聞が戦前の日本を擁護してます。
ブッシュ大統領が、退役軍人との会合の場とはいえ、戦前の日本とアルカイダを同じレベルで語ったことに、日本を貶めることに邁進している朝日新聞も、さすがに日本擁護をしちゃってます(苦笑) 多少は愛国心が残っているのでしょうかね。それはともかく、ブッシュ大統領の知識のなさには恐れ入りました。オーストラリアとニュージーランドは極東じゃないし。同盟国の大統領でありながら、戦前の日本に大正デモクラシーも普通選挙もなかったかのような演説。ブッシュ大統領の無知と苦境を露呈した演説であり、相変わらずのアジア蔑視。日本の悠久の歴史の流れや文化や天皇の存在など、欧米の人々から見たら、「国家宗教の神道が狂信的すぎ、天皇に根ざしていることから・・・」という認識でしょうかね。


ところで、作家の青山繁晴さんによると米国は、10月にも北朝鮮をテロ支援国家の指定を解除して国交回復までするようです。慰安婦の件といい、ブッシュ大統領の演説といい、北朝鮮融和策といい、最近の米国は日本を裏切っているかのような態度ですね。イラク戦争で泥沼に嵌って外交的にも孤立してしまった米国、このままではブッシュ大統領は何も実績を残せず、無能な大統領で終わってしまうわけで、焦っているのでしょうか。韓国のノムヒョン大統領の南北会談同様、外交で実績を残そうとしていると言われてますが、2人とも何とお粗末なことか。

それに比べて、支持率が下がりっぱなしの安倍首相ですが、良い外交を展開しました。今回のインドネシア・インド・マレーシア3国訪問は、200人余の経済界代表も同行してます。 アジアで中国の台頭が目立つ昨今、日本外交の戦略的地平を多角的に広げていく作業は大きな意義を持つと思います。 安倍首相は東京裁判で判事を務めた故パール判事の長男プロシャント・パール氏と面会し、東京裁判で被告全員の無罪を主張したパール判事の業績をたたえました。そして、インド国会で演説。 「両国の戦略的パートナーシップは自由と民主主義、基本的人権の尊重といった基本的価値と戦略的利益を共有する結合」と評価し、米国やオーストラリアを含めた連携強化を訴えました。

インドネシアのジャカルタ市内にあるカリバタ英雄墓地を訪ね、花輪を捧げました。墓地には第二次世界大戦後の独立戦争で命を失った兵士や、特に国家に対する功績があった政治家、軍人、文官らのほか、独立戦争に参加した旧日本兵27人も埋葬されています。
戦争終了後も戦い続け、独立に貢献し帰国の夢が果たせなかった日本兵も 相当数居られるそうです。カリバタ英雄墓地については、ゲストのまめきちさんがホロッとしてしまったという、こちらのサイトで詳しくご覧になれます→「東アジア黙示録」

ただし、安倍首相のインド訪問は朝日新聞を怒らせました(笑)
「日本にとって中国が持つ重みは、インドとは比べものにならない。」
なんて、インドに失礼な言い方をするほど社説でけなしてます。日頃、「アジア重視」と言ってますが、実は「中国重視」だったということを露呈してます。こんなに躍起になって中国に媚びなければならない朝日が哀れになってきました。

さて、国会ですが、
参議院の会長になった民主党の輿石東氏は旧社会党議員(日教組出身)。
参議院の議長になった民主党の江田五月氏も旧社会党議員。

民主党から立候補しないと落選するので民主党に移った旧社会党議員が多いこと!
民主党が与党になったら、朝日新聞が喜ぶ中国一辺倒外交になることでしょう。

朝日は本当にネタを提供してくれてます(笑)

|

« 再び中国が日本を潰す発言 | トップページ | 日本の役割 »

報道」カテゴリの記事

米国」カテゴリの記事

コメント

ミーシャさん、おはようございます。
そして、お久し振りです。

拝読させて頂きました。仰る通りですね。
アメリカも過去の栄光を目論むロシアや中国も、ある意味では似ている様にも思え、形振りかまわずの様です。
特に超大国アメリカの大統領が、その程度の歴史観では、先行きの不安を感じますね。
歴史観以前の問題も考えられ、第二次世界大戦前の日本を追い込む様な事は、日本が白人の国家であれば、違っていたであろうとも思います。
その意味では、自由と平等を唱える国でありながら差別が根底にあり、未熟な国に対しては、建て前としての寛容さが政策にも見えるのですが、自国を脅かす程の成長をする国には、容赦しない処もあり、冷戦時代と云った背景もありましたが、極端に申せば、植民地政策下の英国と同じ様な過ちを繰り返しているに過ぎない観もあります。
イスラム教諸国では、日本の仏教とは宗教観も異なり、また、一つの国家でも宗派間、民族間の対立からの遺恨もある中、それ以上に、十字軍の遠征等からも理解出来る様に、キリスト教圏の国々との長い戦いの歴史や近代では、パレスチナ問題があり、そんな意味でも彼等にはキリスト教諸国に対し、同等以上の自負と遺恨も根強く、その様な複雑な状況を齎した当事者でもあるアメリカが、理解出来ていないのが問題とも思えるのですが。

投稿: SUKIPIO | 2007年8月25日 (土) 09時56分

記事を拝読しました。まめきちさんのブログも興味深く拝読。「インドネシアの独立戦争を戦った日本人兵士」のこと、考えさせられました。ブッシュは長い歴史で捉えると、やっぱりバカだったといわれる大統領でしょう。今更、時計を戻せないけど・・・精々、アフガニスタンまでにするべき・・・・???当時、知り合いのアメリカ人だって、イラクへ攻め入る前からブッシュのやり方は間違ってるって言っていましたね。奇々怪々の諸国の動き・・・じっくり読み込んで、教えてください。政治のこと、余り知らないわたしです。

投稿: 山口ももり | 2007年8月26日 (日) 06時19分

SUKIPIOさん、コメントありがとうございます。
日本の戦後62年の平和は、米軍基地のお陰ですが、それだけではないですね。おっしゃるように、冷戦の時代を米国も乗り切るために日本に基地を置く必要がありました。互恵的戦略でした。ブッシュ大統領のアジア人蔑視は、白人の一般的な認識かもしれませんね。白人列強の植民地支配は有色人種を奴隷あるいは家畜並みの扱いでした。米国は今でも世界から侵略国家として恐れられ嫌われています。ヨーロッパの5つの国(イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ)の成人に対する世論調査で、アメリカが世界の脅威だという意見の者達が、30%で最大で、2番目がイランで23%である。北朝鮮などは中国やイラクの次で8%の人々が脅威と感じているに過ぎないという結果が出ています。米国は、世界の人々はそのイランよりもイランの脅威を喧伝するアメリカの方をむしろ脅威と見做している事実に目を向けるべきです。しかし、お互いに余程勉強しない限り、他国を正確に認識し理解するというのは難しいのでしょうね。日本も例えば、イスラム圏や、宗教への理解が乏しいのは確かですし、一般的にアフリカ諸国への知識も乏しいですね。お互いさまなのかもしれません。ただ、日米は同盟国でしたし、今まで米国は事に当たって日本を庇ったり寛容な態度を示してきたことが多かったのに、冷戦後の世界情勢の微妙な変化に伴い、最近は驚くような発信をしてきてますね。
それなのに、日本国内では野党やマスコミや左翼が尋常でない政権批判ばかり繰り返し、政治的空白をつくり・・・これは国益に反することで懸念されます。年金など政争の愚にしてほしくないですね。政治と金の問題もとても重要ですが、民主党も叩けば埃がでるでしょう。小沢党首が事務諸費で何十億円も不動産を購入しているのですから異常です。絆創膏を問題にするなら小沢党首の方が大問題です。新内閣に期待しましょう^^

投稿: ミーシャ | 2007年8月30日 (木) 15時36分

ももりさん、コメントありがとうございます。
アフガン、イラクへ侵攻に続き、イランの脅威を喧伝する米国、世界の人々はそういったイスラム諸国よりも米国の方をむしろ脅威と見做しているようです。世界で最も脅威なのは米国と中国でしょうかね。両国とも侵略国家です。イランの場合も大量破壊兵器が無かったのに侵略しちゃいました。建国して約60年の中国(漢民族の共産党政府)、230年ほどの米国、歴史の浅い両国と日本人やヨーロッパ人とは歴史感覚が異なるのでしょうね。

投稿: ミーシャ | 2007年8月30日 (木) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再び中国が日本を潰す発言 | トップページ | 日本の役割 »